コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

必須-非必須アミノ酸比

栄養・生化学辞典の解説

必須非必須アミノ酸比

 ある食品や,計画された食事の必須アミノ酸の総量と可欠アミノ酸比率で,栄養価を直接は反映しないが,動物性のタンパク質は栄養価も高く,また,この比率も高いという特徴がある.植物性のタンパク質は逆の傾向がある.年齢の高いほど必須アミノ酸の必要量が一般に低くなるとされるので,必要とするアミノ酸量についてのこの比率も下がる.必須アミノ酸と可欠アミノ酸の比をとる代わりに,全アミノ酸に占める必須アミノ酸の割合をとることも多い.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android