忌引(き)(読み)キビキ

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐びき【忌引】

〘名〙 喪中で、ひきこもること。近親の者が死んだため、勤めや学校などを休み、喪に服すること。また、そのために認められた休暇。
※あさくさの子供(1939)〈長谷健〉三「明日がお葬式なら、今日は引しなくちゃいけないだろ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android