コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志津兼氏 しづかねうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志津兼氏
しづかねうじ

南北朝時代の美濃の刀工。初め包氏と称し,大和から美濃の志津に移住したと伝える。のち相州正宗に学び,大和物相州物を加味した独特の関物の鍛法を完成。南北朝以降栄えた関物刀工の祖となった。「正宗の十哲」の一人と称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

志津兼氏

生年:生没年不詳
鎌倉末期・南北朝時代の刀工。大和(奈良県)手掻派の刀工で,はじめ包氏と名乗ったが,美濃国多芸郡志津(岐阜県南濃町志津)に移住し,兼氏と改名した。相州正宗の弟子と伝え,正宗に最も近い作風を示す。作品は太刀,短刀ともにあり,太刀では直刃調の大和風のものと,湾れに互の目を交え沸の深くついた相州風のものとの二様がある。また短刀は3口あるが,いずれもこの時代としては例外的に小振りである。弟子に兼友,兼次などがいて,兼友には応安4(1371)年,兼次に観応1(1350)年の年紀を記した作がある。<参考文献>得能一男『美濃刀大鑑』

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

志津兼氏の関連キーワード辻村高平源清麿

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android