関物(読み)せきもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「関物」の解説

関物
せきもの

美濃国 (岐阜県) ,刀工による刀剣。南北朝時代から室町時代における美濃の作は,備前 (→備前物 ) に次いで繁栄し,その中心地が関であったので,関物といえば美濃物代名詞となっている。南北朝時代には「正宗十哲」の一人,志津兼氏とその一族があり,さらに直江に移った兼次,兼友,同じく正宗の門人関鍛冶となった金重一門がある。室町時代は戦乱の時代で,戦闘方法の変遷などを背景として打刀 (うちがたな) が流行し,多量の武器の需要により粗製乱造になった。この時代に最も繁栄した備前物 (末備前物) に次いで,美濃鍛冶前代に続きますます発展し,孫六兼元,兼定を巨頭とし,その他「兼」の字を冠する刀工が多数出て隆盛をきわめた。その作風は実用的にすぐれ,刃文は共通して関の尖り (ぐ) の目で,なかでも兼元の三本杉,入道雲,兼房の乱 (みだれ) などは著しい特色である。美濃鍛冶は各地に移住あるいは出張して諸国の刀工に影響を与え,また新刀時代の良工には関鍛冶の系統に属するものが少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「関物」の解説

せき‐もの【関物】

〘名〙 美濃国(岐阜県)関の刀鍛冶の作った刀剣。室町後期に最も栄え、板目鍛えの肌が流れた地鉄と尖り刃といわれる刃文を交じえた互(ぐ)の目の刃文に特色がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「関物」の解説

せきもの【関物】

美濃国武儀郡関(,岐阜県関市)に在住した刀工によって作られた刀剣の総称。美濃国は鎌倉時代に為国や大野郡の寿命らがいたが,南北朝時代に至り,正宗門人と伝える金重が越前から関に移住し,室町時代に繁栄する関鍛冶の基を築いたという。関市春日神社にある関鍛冶の系譜を記した《関鍛冶七流之事》には金重の子金行の娘に大和手搔包永(てがいかねなが)を養子に迎え,その子兼光の子孫が善定兼吉,三阿弥兼高,奈良兼常,得印兼久,徳永兼宣,良賢兼舟,室屋兼在と7派に分かれてそれぞれ一流派をなしたとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の関物の言及

【関[市]】より

…長良川の舟運に恵まれ,飛驒路(金山街道)と奥美濃路(郡上街道)の交わるところで,物資の集散地であった。中世以来関の孫六(関物)で知られた刃物の町で,室町時代を最盛期に多くの名工を生み,織田信長らの保護もあって,〈関は千軒鍛冶屋が名所〉といわれるほど繁栄した。江戸中期に刀鍛冶は衰え,包丁,はさみなどの打刃物や農具の生産に主力が移り,明治以降,洋食器,カミソリ替刃,ポケットナイフなどを生産する金属工業に発展した。…

【美濃物】より

…越中の則重の弟子と伝える為継も不破郡に移り,大和の千手院の末流も赤坂へ移り住んで赤坂千手院と称している。 室町時代には美濃鍛冶は武儀郡の関を中心として最盛期を迎え,〈関物〉といわれて美濃国の代表的産物となっている。関市春日神社の《関七流の事》には,金重の子の金行の娘に手搔包永を養子に迎え,兼永と改銘し,その子孫が分かれて,善定兼吉,三阿弥兼高,奈良兼常,得印兼久,得永兼宣,良賢兼舟,室屋兼在らが一派を興したと記している。…

※「関物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android