コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志筑 しづき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志筑
しづき

兵庫県淡路島,淡路市南東部の集落。旧町名。 1955年5町村と合体して津名町となり,2005年4町との合体により淡路市となった。津名丘陵がくびれた小平野にあり,東西両海岸を結ぶ交通の要地大阪府泉佐野市へのフェリーの起点。海浜の埋立地は備蓄流通加工基地化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しづき【志筑】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の志筑の言及

【津名[町]】より

…背後の丘陵によって西風がさえぎられて温暖な気候であり,カーネーションなどの花卉やオレンジの栽培が盛んで,京阪神方面に出荷される。中心は明治時代に郡役所が置かれた志筑(しづき)で,志筑川河口に市街地が広がり,津名港がある。西宮市甲子園浜や関西国際空港などとの間に直通フェリーがある。…

※「志筑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

志筑の関連キーワード志筑忠雄(しつきただお)かすみがうら(市)兵庫県淡路市志筑千代田(茨城県)オランダ通詞伊東甲子太郎下佐谷村助六吉雄権之助異人恐怖伝ニュートン津名[町]馬場佐十郎通事/通詞中島以政暦象新書鬼沢大海大槻玄幹中野忠雄安部竜平天文義論

志筑の関連情報