コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀泰朝 しが やすとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀泰朝 しが-やすとも

?-? 鎌倉時代の武士。
志賀能郷(よしさと)の長男。正嘉(しょうか)3年(1259)父と祖母深妙(しんみょう)から豊後(ぶんご)(大分県)大野荘志賀村の地頭職(しき)をつぐ。蒙古襲来の際の功により,筑前(ちくぜん)(福岡県)三奈木地頭職や田地などを配分された。嘉元(かげん)4年(1306)ごろまでに死去。法名は阿法。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone