コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正嘉 ショウカ

デジタル大辞泉の解説

しょうか〔シヤウカ〕【正嘉】

鎌倉中期、後深草天皇の時の年号。1257年3月14日~1259年3月26日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうか【正嘉】

年号(1257.3.14~1259.3.26)。康元の後、正元の前。後深草天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうか【正嘉】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1257年から1259年まで、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は康元(こうげん)。次元号は正元(しょうげん)。1257年(康元2)3月14日改元。火災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』を出典とする命名。正嘉年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)。執権は北条長時(ながとき)(6代)。後深草天皇は、1246年(寛元4)に父の後嵯峨(ごさが)天皇の譲位を受け4歳で即位したが、在位中は後嵯峨が院政を行った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

正嘉の関連キーワード正親町三条実仲大炊御門師経万里小路宣房後深草院二条西園寺公基真仏(2)澄禅(1)土御門定実良覚(1)太田康宗志賀泰朝後藤基頼後藤基政三善康持近衛基平北条時茂北条長時災異改元芸文類聚藤原知家

正嘉の関連情報