嘉元(読み)カゲン

大辞林 第三版の解説

かげん【嘉元】

年号(1303.8.5~1306.12.14)。乾元の後、徳治の前。後二条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かげん【嘉元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1303年から1306年まで、後二条(ごにじょう)天皇の代の元号。前元号は乾元(かんげん)。次元号は徳治(とくじ)。1303年(乾元2)8月5日改元。天変(彗星)による凶兆を断ち切るために行われた。『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』を出典とする命名。嘉元年間の鎌倉幕府の将軍は久明(ひさあきら)親王(8代)、幕府の執権は北条師時(もろとき)(10代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘉元の関連情報