コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉元 カゲン

3件 の用語解説(嘉元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かげん【嘉元】

鎌倉後期、後二条天皇の時の年号。1303年8月5日~1306年12月14日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

かげん【嘉元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1303年から1306年まで、後二条(ごにじょう)天皇の代の元号。前元号は乾元(かんげん)。次元号は徳治(とくじ)。1303年(乾元2)8月5日改元。天変(彗星)による凶兆を断ち切るために行われた。『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』を出典とする命名。嘉元年間の鎌倉幕府の将軍は久明(ひさあきら)親王(8代)、幕府の執権は北条師時(もろとき)(10代)。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

嘉元の関連キーワードボニファチウスボニファティウス嘉元スマトラ沖大地震インド洋大津波乾元忍性ローマ大学マライタ島アナーニ事件

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘉元の関連情報