志都歌(読み)シズウタ

デジタル大辞泉の解説

しず‐うた〔しづ‐〕【志都歌】

しつうた

しつ‐うた【志都歌】

上代歌謡の一。調子を下げてうたう歌。一説に、静かな歌、庶民的な歌の意とも。
「歌ひたまひし六歌は―の歌ひ返しなり」〈・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しつうた【志都歌】

上代歌謡の一。全体の調子を下げて歌う歌か。また、ゆっくり歌う歌とも。 「此の天皇と大后と歌ひたまひし六歌は-の歌ひ返しなり/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の志都歌の言及

【歌謡】より

…〈神語(かむがたり)〉〈思国歌(くにしのびうた)〉〈酒楽(さかぐら)の歌〉等の名称は,国見(くにみ),饗宴といった歌唱の機会をあらわし,〈久米歌(くめうた)〉〈天語歌(あまがたりうた)〉等は,そうした際の一定の歌唱者集団の名にもとづく。さらに〈志都(しづ)(静)歌〉〈志良宜(しらげ)(尻上げ)歌〉〈宮人振(みやびとぶり)〉等,曲調による名もみえている。これらのことからとくに記紀の歌謡が宮廷歌謡に定式化され,楽曲として整えられつつあったさまがうかがえる。…

※「志都歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android