コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応力外皮構造 おうりょくがいひこうぞうstressed skin structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応力外皮構造
おうりょくがいひこうぞう
stressed skin structure

航空機の構造の一種で,機体外形を形成する外板に曲げおよび剪断 (せんだん) 荷重を分担させる構造方式。機体開発の初期に開発された。細い骨を格子状に入れて薄い外板を張ったもので,ちょうど卵の殻と同じ構造であることから,モノコック構造と呼ばれた。初めは合板製であったが,その後金属が使用されるようになり,主翼構造にも使用されるようになった。現在用いられている大多数の航空機はこの構造方式を採用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

応力外皮構造の関連キーワードグライダー(航空機の一種)民生エアサスペンションバス民生 リヤエンジンバスモノコックボディバス(自動車)張殻構造飛行機