コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応病与薬 おうびょうよやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応病与薬
おうびょうよやく

医者が患者の病気に応じて薬を与えるのを,が教えを受ける人間の素質資性,能力,要求に応じて法を説くことにたとえたもの。仏を医者の王と呼ぶことは古くから行われ,『大般涅槃経』第 25には病を煩悩にたとえ,薬を法にたとえている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おうびょうよやく【応病与薬】

病気に合わせて薬を与えること。人々の在り方に合わせて、仏が教え導くことをたとえた語。「唯摩経」に出る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

応病与薬の関連キーワード対機説法在り方

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android