忠功(読み)ちゅうこう

精選版 日本国語大辞典「忠功」の解説

ちゅう‐こう【忠功】

〘名〙 義をつくして立てた功績。忠勲
※家伝(760頃)下「先哲有言曰、徳無不報、言無不酬、宜給田十町以報忠効、公施政公平、嘉声日益」
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「ちうこうをぬきんでば、日来(ひごろ)の昇殿を不日に許さるべき也」 〔新唐書‐李聴伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android