コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠運 ちゅううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忠運 ちゅううん

1630?-1686 江戸時代前期の僧。
寛永7年?生まれ。叔父(おじ)の忠尊に師事し,慶安元年江戸浅草寺(せんそうじ)別当職をつぎ,同寺中興3世。貞享(じょうきょう)2年日光輪王寺宮門主と論争し,幕府に別当職をとりあげられ,下総(しもうさ)の法慚(ほうぜん)寺の住職となった。貞享3年8月27日死去。57歳?俗姓は伊丹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

忠運の関連キーワード伊藤忠ロジスティクス