コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快風丸 かいふうまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

快風丸
かいふうまる

貞享年間 (1684~88) ,水戸藩主徳川光圀が蝦夷地探検用として新造した大型船。長さ約 49m,幅約 16mで,安宅丸 (あたけまる) なきあとの日本最大の巨船であった。貞享4 (88) 年2月,那珂湊を出帆して蝦夷地探検に向い,松前から石狩方面を調査して 12月末に帰着した。これより先,第1船と第2船はともに失敗したので,第3船の建造にあたっては,大坂から船大工を呼び寄せ,また主要な乗組員も長崎や大坂の練達者を雇い,天文航法に通じた崎山市内を船頭としたのが成功に結びついた。元禄 16 (1703) 年解体された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

快風丸の関連キーワード貞享稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔元禄時代耳搔き稲葉正休河東節市法貨物仕法

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone