コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念仏重兵衛 ねんぶつ じゅうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

念仏重兵衛 ねんぶつ-じゅうべえ

1818-1869 江戸後期-明治時代の茶業家。
文政元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩士宇治(うじ)茶の移植と栽培に成功し,ペリー来航のさい,重兵衛製造の茶「無銘」が提供され好評をえる。茶会所設置にも貢献した。明治2年8月9日死去。52歳。本姓は太田。屋号は竜井堂,のち念仏園。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

念仏重兵衛

没年:明治2.8.9(1869.9.14)
生年:文化14(1817)
幕末維新期の茶商。近江国膳所(大津市)の生まれ。姓は太田。初代重兵衛が膳所藩に仕えて農を兼ね,鍬を手に念仏を唱えて他界したので念仏重兵衛と呼ばれた。5代重兵衛は殖産興業を志し,仕籍を継子に譲り,山城国宇治で製茶法を習得。膳所に帰り茶園を開き,膳所藩御用茶司になる。ペリー来航のとき,彼の茶「無銘」をペリーが賞翫,安政2(1855)年藩命で園山(大津市)に13haの茶園を開く。これより茶司重兵衛の名声高まり,舗号を竜井堂と称した。のちに岩倉具視が初代重兵衛の故事にちなんで念仏園と命名。藩の茶会所の設置や農政にも尽力したが,水論にかかわり百姓三吉に殺害された。<参考文献>滋賀県教育会編『近江人物志』

(葉山禎作)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

念仏重兵衛の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android