思春期遅発症(読み)ししゅんきちはつしょう(英語表記)delayed puberty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

思春期遅発症
ししゅんきちはつしょう
delayed puberty

性的晩熟ともいう。低身長を来す病気のうち,頻度が一番高い。一般に,思春期に見られる性的な成熟も遅れる。しばしば家族性に見られ,成長ホルモン分泌能は一般に正常であるが,骨年齢は遅れている。身長は最終的には正常範囲に達する。最近では蛋白同化ステロイド薬,クロニジンなどの投与が試みられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ししゅんき‐ちはつしょう〔‐チハツシヤウ〕【思春期遅発症】

通常の思春期を過ぎても第二次性徴が発現しない病態。時期的に遅れて第二次性徴が起こる場合(体質性思春期遅発症)と、永続的な場合(性腺機能不全)がある。→思春期早発症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android