コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怡土荘 いとのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

いとのしょう【怡土荘】

筑前国怡土・志麻両郡(現,福岡県糸島郡)の荘園。田数1450町余。待賢門院璋子御願の仁和寺法金剛院領最大の荘園。1131年(天承1)ごろ成立。門院別当であった大弐藤原経忠の働きかけで,国郡司や在地領主が呼応して立券したらしい。当初,本家たる皇室が荘務権を握り,預所に後白河法皇近習藤原能盛補任後鳥羽院が管領のときに承久の乱が起こり,幕府に没収されたが,翌年返還された。このころから領家仁和寺が荘務を進退し,供僧(ぐそう)を預所に補任。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

怡土荘の関連キーワード筑前国

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android