コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怡土荘 いとのしょう

1件 の用語解説(怡土荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いとのしょう【怡土荘】

筑前国怡土・志麻両郡(現,福岡県糸島郡)の荘園。田数1450町余。待賢門院璋子御願の仁和寺法金剛院領最大の荘園。1131年(天承1)ごろ成立。門院別当であった大弐藤原経忠の働きかけで,国郡司や在地領主が呼応して立券したらしい。当初,本家たる皇室が荘務権を握り,預所に後白河法皇近習藤原能盛を補任。後鳥羽院が管領のときに承久の乱が起こり,幕府に没収されたが,翌年返還された。このころから領家仁和寺が荘務を進退し,供僧(ぐそう)を預所に補任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

怡土荘の関連キーワード伊都国糸島半島怡土城唐津湾博多湾筑前糸島芥屋大門楢崎多吉郎原田種直

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone