コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘務 しょうむ

世界大百科事典 第2版の解説

しょうむ【荘務】

荘園において勧農,検注,年貢収納など現地の支配・管理を行うこと,またはその権限を与えられた者。例えば1217年(建保5)に高野山領備後国太田荘の地頭三善康信が定めた地頭方荘務十箇条には,加徴米,関東人夫,百姓逃亡跡名田,桑,佃(つくだ),勧農などについての規定がされている。このように荘務とはもともと荘園現地の支配・管理それ自体をさすことばであったが,平安時代末期,荘園寄進がさかんに行われ,本家―領家―預所―下司・公文という重層的な荘園支配体系が形成されるとともに,荘務執行の権限がどこに所属するのかは重要な問題となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の荘務の言及

【本所法】より

…国衙領として開発された場合も,独立単位で個別的に所有の対象となる保,土地の支配を基点とする荘園とは異なり,人の支配,人間集団の奉仕を基点として成立した御厨(みくりや)なども,私的大土地所有という面では荘園と同様にみてよい。中世ではこのような私有地には複数の権利が職(しき)として重層し,一つの荘園に本家職,領家職,預所職等が重なるが,荘園の実質的領有権である荘務権を有する者を本所と呼ぶべきであろう。 本所には世俗貴族である公家,宗教的領主である寺院・神社があり,鎌倉幕府の長である鎌倉殿も関東御領という荘園については本所である。…

※「荘務」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone