コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今津 いまづ

5件 の用語解説(今津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今津
いまづ

滋賀県北西部,高島市中北部の旧町域。石田川流域にある。 1906年町制。 1955年,川上村,三谷村と合体。 2005年マキノ町,朽木村,安曇川町,高島町,新旭町の5町村と合体して高島市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いまづ【今津】

筑前国糸島郡(現,福岡県福岡市西区)の地名。福岡市の西郊,博多湾に面して位置し,さらに湾入して今津湾を形成している。大宰府の外港として博多には遣唐使をはじめ外国貿易の船が入港したが,鎌倉時代ごろまでは博多湾の入口に近い今津がこれらの船の寄港地であった。とくに日宋貿易が盛んになった平安末期以降は宋船が頻繁に着岸した。1175年(安元1)宋から帰国した栄西は今津誓願寺に滞在しており,さらに源平争乱のさなか誓願寺に下向止宿して宋からの一切経の到着を待った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いまず【今津】

いまづ【今津】

滋賀県北西部、高島市の琵琶湖西岸の地名。若狭街道と湖上舟運の接続地として発展。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今津の関連キーワード福岡県福岡市西区愛宕福岡県福岡市西区泉福岡県福岡市西区今津福岡県福岡市西区小戸福岡県福岡市西区小田福岡県福岡市西区田福岡県福岡市西区徳永福岡県福岡市西区能古福岡県福岡市西区横浜福岡県福岡市西区吉武

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今津の関連情報