今津(読み)いまづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今津
いまづ

滋賀県北西部,高島市中北部の旧町域。石田川流域にある。 1906年町制。 1955年,川上村,三谷村と合体。 2005年マキノ町,朽木村,安曇川町,高島町,新旭町の5町村と合体して高島市となった。中心地区の今津は室町時代末期から,若狭街道 (現国道 303号線) と西近江路 (現国道 161号線) の交点,琵琶湖水運の要津として発達。アユ漁も行なわれる。湖西地方の行政,教育の中心地で,竹生島観光の拠点。南部の饗庭野には自衛隊が駐屯。米作を主とし,山間部では果樹を栽培。下流域の沖積平野早場米の産地。北方および湖岸一帯は琵琶湖国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いまづ【今津】

筑前国糸島郡(現,福岡県福岡市西区)の地名。福岡市の西郊博多湾に面して位置し,さらに湾入して今津湾を形成している。大宰府外港として博多には遣唐使をはじめ外国貿易の船が入港したが,鎌倉時代ごろまでは博多湾の入口に近い今津がこれらの船の寄港地であった。とくに日宋貿易が盛んになった平安末期以降は宋船が頻繁に着岸した。1175年(安元1)宋から帰国した栄西は今津誓願寺に滞在しており,さらに源平争乱のさなか誓願寺に下向止宿して宋からの一切経の到着を待った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いまず【今津】

いまづ【今津】

滋賀県北西部、高島市の琵琶湖西岸の地名。若狭街道と湖上舟運の接続地として発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今津の関連情報