コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感受性 かんじゅせいsensitivity

翻訳|sensitivity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感受性
かんじゅせい
sensitivity

環境内の事象の変化を刺激として感受する能力感度,刺激に対して興奮しやすい性質を感受性という。また,感覚の刺激の強さの差を識別する能力,すなわち弁別しきい値が低いときに,感受性が高いとか鋭敏だとかいう。これに対して,絶対しきい値が低いときは感度が高い,または敏感だという。医学では,薬に対する細菌の反応をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんじゅ‐せい【感受性】

外界の刺激や印象を感じ取ることができる働き。「感受性の強い人」「感受性が豊かだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんじゅせい【感受性 affectivity】

外界からの感覚的,感情的な働きかけを受けいれる,人間の心の能力あるいは状態。大別して,認知的感受性と情動的感受性との二つがある。前者は,感性知覚にもとづいたもので,色彩,形,音の特性匂いや香りについての感覚を豊かにしてくれ,この場合には感覚性とも呼ばれる。後者はより全体的なもので,快楽や苦痛の感情を受けいれる能力あるいは状態のことであり,この場合には感情性とも呼ばれる。またこの両者を含んだ感受的な心的事実の総体をさす場合には,感性とも呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんじゅせい【感受性】

外界からの刺激を深く感じ取り、心に受けとめる能力。 「 -が鋭い」 「 -が豊かだ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の感受性の言及

【感性】より

…英語のsensibility,ドイツ語のSinnlichkeitなどの訳語として使われる用語。もろもろの感官による感覚的認識能力一般から,ときに感情をも総称する用語として使われる。…

※「感受性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

感受性の関連キーワードベルゴニエ=トリボンドーの法則ベルゴニー‐トリボンドーの法則ピーター・H. テイラーノートン‐サイモン仮説センシティビティー温度感受性突然変異アスクレピアデス酸素効果(生物)マンスフィールドアディポネクチンベルテポルフィンセンシビリティー低温感受性変異高温感受性変異温度感受性変異集団作用の原則放射線感受性重粒子線治療光線力学療法放射線増感剤

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感受性の関連情報