コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性慶 しょうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性慶 しょうけい

1667-1737 江戸時代前期-中期の僧。
寛文7年1月23日生まれ。天台宗。園城(おんじょう)寺の亮慶(りょうけい)に入門,妙立(みょうりゅう),宥雅(ゆうが)らにまなぶ。同門の霊空と対立し,反論の書「観経疏妙宗鈔」をあらわした。法明院を中興して園城寺律院とした。元文2年6月6日死去。71歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は井上。字(あざな)は義瑞(ぎずい)。著作に「内外境観二百難」「即心念仏談義本弁偽」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

性慶 (しょうけい)

生年月日:1667年1月23日
江戸時代中期の天台宗寺門派の僧
1737年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

性慶の関連キーワード鬼一法眼三略巻日野業子和徳門院生年月日鳳潭

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性慶の関連情報