コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性慶(読み)しょうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性慶 しょうけい

1667-1737 江戸時代前期-中期の僧。
寛文7年1月23日生まれ。天台宗。園城(おんじょう)寺の亮慶(りょうけい)に入門,妙立(みょうりゅう),宥雅(ゆうが)らにまなぶ。同門の霊空と対立し,反論の書「観経疏妙宗鈔」をあらわした。法明院を中興して園城寺律院とした。元文2年6月6日死去。71歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は井上。字(あざな)は義瑞(ぎずい)。著作に「内外境観二百難」「即心念仏談義本弁偽」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

性慶 (しょうけい)

生年月日:1667年1月23日
江戸時代中期の天台宗寺門派の僧
1737年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android