コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良利寿 ならとしなが

8件 の用語解説(奈良利寿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良利寿
ならとしなが

[生]寛文7(1667)
[没]元文1(1736).12.14. 江戸
江戸時代中期の奈良派の装剣金工。通称,太兵衛。奈良派3代利治の門人。一説に4代利永の門人。「奈良三作」の一人。刀装具中縁頭 (ふちがしら) の作が多く鐔 (つば) は少い。薄肉彫,鋤彫にすぐれ,緻密な手法で人物,花鳥図などを彫った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なら‐としなが【奈良利寿】

[1667~1736]江戸中期の装剣金工家。江戸の人。通称、太兵衛。奈良三作の一人。高肉彫り・色絵を得意とし、縁頭(ふちがしら)の作が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奈良利寿【ならとしなが】

江戸中期の金工家。江戸本所に住み,通称太兵衛。杉浦乗意土屋安親と並ぶ奈良派三作の一人。主として絵風彫刻で,肉彫を得意とし,地金は真鍮地が多い。代表作〈大森彦七図鐔〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良利寿 なら-としなが

1667-1737* 江戸時代前期-中期の装剣金工。
寛文7年生まれ。江戸本所にすむ。奈良利治(としはる)に師事する。土屋安親(やすちか),杉浦乗意とならんで奈良三作のひとり。人物図を得意とした。元文元年12月14日死去。70歳。通称は太兵衛。作品に「大森彦七図鐔(つば)」(重文),「牟礼(むれ)高松図鐔」(重文)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奈良利寿

没年:元文1.12.14(1737.1.14)
生年:寛文7(1667)
江戸中期の装剣金工家。江戸に住し,通称を太兵衛。奈良派本家3代目利治の門下とも,4代目利永の門下とも伝えられる。同時代の土屋安親,杉浦乗意と共に奈良三作との称賛を得、珍重された。3人の中では年齢的に上で,彫技においても最もすぐれた名工である。現存する作品をみると縁頭の制作に秀で,鐔は極めて少ない。鐔はすべて重ねの厚い鉄地で,粗密を意識的に使い分けた高肉彫りや象嵌の技法に独特なものがある。代表作には重要文化財「牟礼高松図鐔」(個人蔵)や「大森彦七図鐔」(個人蔵)がある。縁頭は腰が低い洗練された形のものが多く,真鍮をはじめ,赤銅,四分一,鉄などを用い,利寿一流の薄肉彫りを主体に鋤彫りを織りまぜ,花鳥や人物などを表している。代表作に「月に雁図縁頭」(東京芸大蔵)や「雁図縁頭」(個人蔵)が挙げられる。縁頭という刀装具の中でも小さな世界に独自の境地を作りだした。鐔,縁頭とも銘にはかならず花押が記されている。曹洞宗竹林山多福院(東京都文京区小石川)に葬られたという。なお,利寿には同名2代説(2代は1771年没か)もある。<参考文献>加島進編『刀装具』(至文堂『日本の美術』64号)

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ならとしなが【奈良利寿】

1667‐1736(寛文7‐元文1)
江戸時代の装剣彫金工。通称を太兵衛といい,奈良利治の門人とも奈良利永の門人とも伝える。土屋安親杉浦乗意とならんで,奈良三作の一人に数えられる名工。刀装具の中でも縁頭(ふちがしら)の製作に長じ,鐔(つば)は比較的少ない。縁頭は利寿独自の腰の低い造込(つくりこみ)で,真鍮地が多く,赤銅,四分一(しぶいち)などもあり,独特の薄肉彫で花鳥,人物の表現に妙味をみせている。鐔はすべて肉厚の鉄地で,雄勁かつ細密な高肉彫,象嵌に特色がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ならとしなが【奈良利寿】

1667~1736) 江戸中期の刀装具彫金師。通称、太兵衛。奈良三作の一に数えられる名工。縁頭ふちがしらの製作にすぐれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良利寿
ならとしなが
(1667―1736)

江戸中期の装剣金工家。通称を太兵衛といい、奈良利治(としはる)の門人とも奈良利永(としなが)の門人とも伝える。土屋安親(やすちか)、杉浦乗意(じょうい)とともに奈良三作と称された名工で、とくに高肉(たかにく)彫りを得意とした。刀装具のなかでも縁頭(ふちがしら)がもっとも多く、鐔(つば)は少ない。縁頭は利寿独自の腰の低い造込(つくりこみ)で、真鍮(しんちゅう)、赤銅などの地に色金を多用して花鳥、人物を絵画風に美しく表す。鐔はすべて肉厚の鉄地で、雄勁(ゆうけい)かつ緻密(ちみつ)な高肉彫り、象眼(ぞうがん)などに妙味をみせている。代表作に大森彦七図鐔(重文、大阪・田口家)がある。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奈良利寿の言及

【鐔∥鍔】より

…横谷宗珉は後藤家流の技法を汲む家に生まれながらその作風にあきたらず,構図に新生面を築いたほか,片切彫を創始し,以後の工人に大きな影響を与えた。また奈良三作の土屋安親,奈良利寿(としなが),杉浦乗意も斬新な意匠と独自の彫技をみせている。安親は鐔の形,意匠に,利寿は雄渾な高肉象嵌・色絵に,また鐔の作は少ないものの乗意は肉合彫の創始者として名工の名をほしいままにした。…

※「奈良利寿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奈良利寿の関連キーワード渡辺松臺赤尾吉次(初代)岩井重次桂永寿高瀬栄寿田中信芳利国利貞平田安房藤木理房(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone