コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪死 カイシ

デジタル大辞泉の解説

かい‐し〔クワイ‐〕【怪死】

[名](スル)死因に疑いのある死に方をすること。「怪死を遂げる」「山中で怪死する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいし【怪死】

( 名 ) スル
原因のわからないおかしな死に方をすること。また、その死に方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

怪死の関連キーワード悔・海・乖・介・会・偕・喙・回・塊・壊・壞・廻・快・怪・恢・悔・懐・懷・戒・拐・改・晦・會・械・楷・海・潰・灰・界・皆・絵・繪・芥・解・誡・誨・諧・開・階・魁ケネディ大統領暗殺事件コスモポリタニズム批判アレン コールターフー・マンチュー佐分利 信岩間 芳樹海野 十三内藤 國夫海野十三死に方