コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横死 オウシ

デジタル大辞泉の解説

おう‐し〔ワウ‐〕【横死】

[名](スル)殺害されたり、災禍などのため、天命を全うしないで死ぬこと。不慮の死。非業の死。「無念の横死を遂げる」「旅先で横死する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうし【横死】

( 名 ) スル
不慮の災難で死ぬこと。不慮の死。非業の死。 「山中で-する」 「 -を遂げる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

横死の関連キーワード一条冬良(いちじょうふゆら)常磐津兼太夫(2代)牡丹灯籠・牡丹燈篭市川団十郎(2世)アンティパトロス待賢門平治合戦加賀山 之雄オフィーリア常磐津兼太夫神霊矢口渡アビメレク横様の死に富田 木歩照井長柄非業の死飯尾貞連安藤守就松平忠重新田義興忍熊皇子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横死の関連情報