横死(読み)オウシ

デジタル大辞泉の解説

おう‐し〔ワウ‐〕【横死】

[名](スル)殺害されたり、災禍などのため、天命を全うしないで死ぬこと。不慮の死。非業の死。「無念の横死を遂げる」「旅先で横死する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうし【横死】

( 名 ) スル
不慮の災難で死ぬこと。不慮の死。非業の死。 「山中で-する」 「 -を遂げる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐し ワウ‥【横死】

〘名〙 殺害されたり、不慮の災難にあったりして死ぬこと。天命を全うしないで死ぬこと。不慮の死。非業の死
※平家(13C前)四「聖徳太子の崇峻天皇を、『(わうし)の相在(まし)ます』と申させ給ひたりしが」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「親同胞の枉死(ワウシ)を見捨て、いひがひなくも脱れ去りしは」 〔南史‐陸襄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横死の関連情報