恋着(読み)れんちゃく

精選版 日本国語大辞典「恋着」の解説

れん‐ちゃく【恋着】

〙 深くい慕って忘れられないこと。また、深く執すること。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「諸子、幼稚にして、いまだしる所あらず。戯処に恋着(レンチャク)(〈注〉コイツケリ)せり」
※開化評林(1875)〈岡部啓五郎編〉明治六年・四十二条正俗論「劇場の役者に恋着(〈注〉ホレル)して」 〔韓愈‐与大顛師書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android