コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒常法 こうじょうほうconstant method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒常法
こうじょうほう
constant method

の測定や等価刺激を求めるのに用いられる精神測定法の一つ。一定数の刺激対象を単独でランダムな順に多数回提示し,その存否判断を求めたり (閾測定の場合) ,一定数の比較刺激を用意し,標準刺激と対にして,ランダムな順序で多数回提示して,その大小 (長短あるいは軽重) の判断を行わせたりする (等価刺激測定の場合) 。判断の形式は以上のような2件法のほか,3件法 (たとえば,「大」「不明」「小」のような) を用いることも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

恒常法の関連キーワード極限法知覚

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android