コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒常法 こうじょうほうconstant method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒常法
こうじょうほう
constant method

の測定や等価刺激を求めるのに用いられる精神測定法の一つ。一定数の刺激対象を単独でランダムな順に多数回提示し,その存否判断を求めたり (閾測定の場合) ,一定数の比較刺激を用意し,標準刺激と対にして,ランダムな順序で多数回提示して,その大小 (長短あるいは軽重) の判断を行わせたりする (等価刺激測定の場合) 。判断の形式は以上のような2件法のほか,3件法 (たとえば,「大」「不明」「小」のような) を用いることも多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

恒常法の関連キーワード極限法知覚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android