コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽重 キョウジュウ

6件 の用語解説(軽重の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐じゅう〔キヤウヂユウ〕【軽重】

けいちょう(軽重)」に同じ。
「頸械(くびかせ)手杻(てかせ)を入れられ、罪の―を糺(ただ)すらんも」〈太平記・二〉

けい‐じゅう〔‐ヂユウ〕【軽重】

けいちょう(軽重)」に同じ。
「其九人の中に―愛憎と云うことは真実一寸ともない」〈福沢福翁自伝
音声の高低。抑揚。日本古来の韻学では、清音で始まる音を「軽」、濁音で始まる音を「重」とし、前者は高く始まり、後者は低く始まるとしている。きょうじゅう。

けい‐ちょう【軽重】

重量の軽いことと重いこと。また、その度合い。重さ。目方。けいじゅう。「品物の軽重を問わず料金は同一」
価値や程度の小さいことと大きいこと。また、その度合い。けいじゅう。「人の命に軽重はない」
軽んずることと重んずること。また、その度合い。けいじゅう。「軽重の差をつける」「鼎(かなえ)の軽重を問う」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうじゅう【軽重】

けいちょう(軽重) 」に同じ。
音声を、高いか低いか、下降調か上昇調かなど対比的にいう時に用いられた語。近世になると [o] と [wo] とを対比的にいうのにも用いられた。けいじゅう。
四声、特に平声ひようしよう・入声につしようにそれぞれ二種あることを認めた場合の、その二種の音調の総称。軽は高く始まる音調、重は低く始まる音調をいう。

けいじゅう【軽重】

( 名 ) スル
けいちょう(軽重) 」に同じ。 「利勇等が罪の-を正し給はば/読本・弓張月 拾遺」 → きょうじゅう(軽重)

けいちょう【軽重】

( 名 ) スル
〔「けいじゅう」とも〕
軽いことと重いこと。重大なこととそうでないこと。 「事の-をわきまえない発言」
重さ・軽さをはかってみること。軽んずることと重んずること。 「慾徳の上に掛けても-し難き場合なり/鉄仮面 涙香」 → きょうじゅう(軽重)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軽重の関連キーワード重さ軽め甘苦軽量高卑深浅千鈞大量多血ヘビー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軽重の関連情報