コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽重 キョウジュウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐じゅう〔キヤウヂユウ〕【軽重】

けいちょう(軽重)」に同じ。
「頸械(くびかせ)手杻(てかせ)を入れられ、罪の―を糺(ただ)すらんも」〈太平記・二〉

けい‐じゅう〔‐ヂユウ〕【軽重】

けいちょう(軽重)」に同じ。
「其九人の中に―愛憎と云うことは真実一寸ともない」〈福沢福翁自伝
音声の高低抑揚。日本古来の韻学では、清音で始まる音を「軽」、濁音で始まる音を「重」とし、前者は高く始まり、後者は低く始まるとしている。きょうじゅう。

けい‐ちょう【軽重】

重量の軽いことと重いこと。また、その度合い。重さ。目方。けいじゅう。「品物の軽重を問わず料金は同一」
価値や程度の小さいことと大きいこと。また、その度合い。けいじゅう。「人の命に軽重はない」
軽んずることと重んずること。また、その度合い。けいじゅう。「軽重の差をつける」「鼎(かなえ)の軽重を問う」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうじゅう【軽重】

けいちょう(軽重) 」に同じ。
音声を、高いか低いか、下降調か上昇調かなど対比的にいう時に用いられた語。近世になると [o] と [wo] とを対比的にいうのにも用いられた。けいじゅう。
四声、特に平声ひようしよう・入声につしようにそれぞれ二種あることを認めた場合の、その二種の音調の総称。軽は高く始まる音調、重は低く始まる音調をいう。

けいじゅう【軽重】

( 名 ) スル
けいちょう(軽重) 」に同じ。 「利勇等が罪の-を正し給はば/読本・弓張月 拾遺」 → きょうじゅう(軽重)

けいちょう【軽重】

( 名 ) スル
〔「けいじゅう」とも〕
軽いことと重いこと。重大なこととそうでないこと。 「事の-をわきまえない発言」
重さ・軽さをはかってみること。軽んずることと重んずること。 「慾徳の上に掛けても-し難き場合なり/鉄仮面 涙香」 → きょうじゅう(軽重)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

軽重の関連キーワード鼎の軽重を問う天秤に掛ける起訴便宜主義瓢簞に釣り鐘破戒(仏教)期待可能性秤に掛ける類を知らず先知後行説起訴猶予彷徨変異色彩調節知行合一主客転倒無差別級問鼎軽重過怠牢業の秤奪衣婆公文書

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽重の関連情報