コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神測定法 せいしんそくていほう psychometric method

2件 の用語解説(精神測定法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精神測定法
せいしんそくていほう
psychometric method

心理測定法,ないし心理学測定法,計量心理学的方法などともいう。精神の性質や能力を数量的に測定する方法で,精神物理学における感覚的判断過程の測定法,個人差心理学における知能や性格などの心理テスト社会心理学における態度測定などを総称する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精神測定法
せいしんそくていほう
psychometric method

生活体の行動とその決定因との関係を明らかにすることが心理学の目的であり、その決定因の重要なものとして刺激がある。しかし、この刺激Sと生活体の反応Rとの関係は複雑なので、一義的な関数関係としてとらえにくい。そこで、刺激と反応との関係の中間に、生活体の状態に関するさまざまな媒介変数I(心理学的概念)を入れて、S‐I‐Rの間の関係(精神測定関数)から生活体の行動を理解することが考えられ、これらのS、I、Rの値を測定する方法が精神測定法である。なお、Iは直接には測定ができないので、SとRとの関係から間接的に心理学的概念の尺度(心理尺度)が推定される。
 精神測定法には、主として感覚知覚に関する精神物理学的測定法(極限法、恒常法、調整法)、知能、性格など各種の心理検査法や社会的態度、嗜好(しこう)の数量化を扱う尺度構成法(サーストンThurstoneの判定法、ガットマンGuttmanの尺度分析法、リッカートLikertの評定加算法)がある。精神測定には多種多様な尺度が用いられるが、数学的演算がどの程度可能かという数の性質によって、4種の尺度が分類される。名義尺度、順位尺度、間隔尺度、比率尺度で、いずれも一次元尺度である。このほか、必要に応じて新たに尺度を構成して用いてもよい。最近では、対象のいくつかの側面について、同時的に測定を行う多次元尺度も用いられている。[今井省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精神測定法の関連キーワードエビングハウス個人心理学青年心理学幼児心理学心理形態心理学個性心理学水中体重測定法印東太郎田中良久

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone