コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒河竹陰 つねかわ ちくいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒河竹陰 つねかわ-ちくいん

1818-1855 江戸時代後期の儒者。
文政元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)大溝(おおみぞ)藩士。佐藤一斎にまなぶ。のち春日潜庵(せんあん)の門にはいり河野(こうの)静山,鬼頭忠純(ただずみ),岡田真吾らとともに教えをうけた。妻は静山の妹。安政2年2月22日死去。38歳。名は健。字(あざな)は子健。通称は唯江。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恒河竹陰の関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)サウド家リチウムアレクサンドル[2世]文政アルフェドソンガーイクワールフォンタネージドゥラーニー朝梅暮里谷峨

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone