恒河竹陰(読み)つねかわ ちくいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒河竹陰 つねかわ-ちくいん

1818-1855 江戸時代後期の儒者。
文政元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)大溝(おおみぞ)藩士。佐藤一斎にまなぶ。のち春日潜庵(せんあん)の門にはいり河野(こうの)静山,鬼頭忠純(ただずみ),岡田真吾らとともに教えをうけた。妻は静山の妹。安政2年2月22日死去。38歳。名は健。字(あざな)は子健。通称は唯江。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android