コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼頭忠純 きとう ただすみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼頭忠純 きとう-ただすみ

1821-1863 幕末の武士。
文政4年8月15日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。京都の春日潜庵(かすが-せんあん)にまなんで尊攘(そんじょう)思想にふれる。藩の重臣田宮如雲に登用され,儒官となる。文久3年前藩主徳川慶勝(よしかつ)に随行し,京都で政界工作をすすめるが,肺をわずらい,同年1月16日に死去した。43歳。字(あざな)は子純。通称は忠次郎。号は艮庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鬼頭忠純の関連キーワード鬼頭忠次郎恒河竹陰

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android