恵空(1)(読み)えくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵空(1) えくう

1643-1691 江戸時代前期の僧。
寛永20年生まれ。はじめ浄土真宗,のち天台宗にうつる。紀伊(きい)名草郡(和歌山県)浄福寺,ついで京都正立(しょうりゅう)寺の住持となる。「元亨(げんこう)釈書和解(わげ)」「実語教諺解(げんかい)」「徒然草参考」など,さまざまな分野にわたっておおくの著作をのこした。元禄(げんろく)4年死去。49歳。俗姓木曾。号は曲肱亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android