邦高親王(読み)くにたかしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

邦高親王 くにたかしんのう

1456-1532 室町-戦国時代,貞常親王の第1王子。
康正(こうしょう)2年2月2日生まれ。文明6年親王となる。7年伏見宮家5代をつぎ,永正(えいしょう)13年出家。歌人三条西実隆(さんじょうにし-さねたか)と親交があり,歌会や連歌の会をひらく。作品は「瑶玉和歌集」「新撰菟玖波(つくば)集」などにはいっている。享禄(きょうろく)5年3月19日死去。77歳。初名は邦康。法名は恵空(えくう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

邦高親王 (くにたかしんのう)

生年月日:1456年2月2日
戦国時代の伏見宮貞常親王(後崇光太上天皇)の第1皇子
1532年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android