コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵空 えくう

2件 の用語解説(恵空の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

恵空

江戸初・中期の浄土真宗の僧。近江生。字は得岸、俗姓は川那辺、号に光遠房・秀光堂。諡号は光遠院。初め比叡山で天台を修めたが、誓源寺で真宗を学び、その後本山に出仕。請われて京都西福寺に入る。仏典の研究を重ね、大谷大学の起源である大学寮の創立に尽力、初代講師となった。『叢林集』等著作多数。享保6年(1721)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

恵空

没年:享保6.12.8(1722.1.24)
生年:正保1.5.15(1644.6.19)
江戸前期の真宗の僧。近世東本願寺学事の創始者で,学寮初代講師として有名。近江国(滋賀県)善立寺信空と妙善の子。字は得岸。天台宗の学問を志し,寛文1(1661)年比叡山にのぼるが,真宗への因縁を感じて山をおり,河内国(大阪府)光徳寺で法務の傍ら修学する。同9年ごろに高木宗賢の援助を得て,京都で真宗の学匠円智の門に入る。同10年東本願寺琢如により御堂衆に採用され,御堂給仕と真宗学研鑽に勤める。延宝8(1680)年京都西福寺に入寺,天和3(1683)年には御堂衆の職務を解かれて,講義や著述活動などに専念した。正徳5(1715)年に東本願寺学寮の初代講師に任じられたというが,この時期には講師制度はなく,学寮の講者に採用されただけとの説もある。著書は『無量寿経講義』『叢林集』など多い。<参考文献>『恵空老師行状記』,暁烏敏『恵空講師伝』,『大谷派学事史』

(草野顕之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恵空の関連キーワード教如上人良如上人宣如上人乗如上人琢如上人宝如上人東本願寺本願寺派雲華深励

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone