コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悦堂妙可 えつどう みょうか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

悦堂妙可 えつどう-みょうか

?-? 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。香山仁璵(こうざん-にんよ)の法をつぐ。京都建仁寺住持。貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年(1367)鎌倉報国寺の開山である天岸慧広(てんがん-えこう)の三十三回忌が同寺でおこなわれたとき,導師をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

悦堂妙可の関連キーワード南北朝時代臨済

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android