コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天岸慧広 てんがん えこう

2件 の用語解説(天岸慧広の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天岸慧広 てんがん-えこう

1273-1335 鎌倉時代の僧。
文永10年生まれ。臨済(りんざい)宗。無学祖元に師事。高峰顕日の法をつぐ。元応2年物外可什(もつがい-かじゅう)らと元(げん)(中国)にわたり,古林清茂(くりん-せいむ)らにまなぶ。元徳元年明極楚俊(みんき-そしゅん),竺仙梵僊(じくせん-ぼんせん),可什と帰国。鎌倉に報国寺をひらいた。建武(けんむ)2年3月8日死去。63歳。武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)出身。俗姓は伴。諡号(しごう)は仏乗禅師。著作に「東帰集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

天岸慧広

没年:建武2.3.8(1335.4.2)
生年:文永10(1273)
鎌倉後期の臨済宗の僧。武蔵(埼玉県)生まれ。俗姓は伴氏。13歳で建長寺の無学祖元に投じた。のち東大寺の戒壇院で受戒し,各地を歴訪したが,下野(栃木県)雲巌寺の無学の弟子高峰顕日に参じ法を嗣いだ。次いで円覚寺に移った高峰に同行してその首座となる。元応2(1320)年に物外可什らと共に元に渡って,幻住派の中峰明本 に参じたのち,各師を訪ね57歳のとき帰国した。鎌倉浄妙寺などに住したあと休耕庵に退居。また上杉重兼は報国寺を開いて天岸を第1世とした。諡号は仏乗禅師。著書に偈讃を集めた『東帰集』(『五山文学全集』1巻所収)がある。<参考文献>卍元師蛮『本朝高僧伝』25巻

(藤田正浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天岸慧広の関連キーワード正韵拙叟宗益淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲東海宗朝万輝宗旭愚堂宗哲広叔元運済家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone