コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪性過高熱(悪性高熱症) あくせいかこうねつあくせいこうねつしょうMalignant Hyperpyrexia

家庭医学館の解説

あくせいかこうねつあくせいこうねつしょう【悪性過高熱(悪性高熱症) Malignant Hyperpyrexia】

[どんな病気か]
 全身麻酔をすると、15分に1℃ずつ体温が上昇し、42℃にも達して筋肉が硬直(こうちょく)する病気です。死亡率が高く、麻酔科医や外科医に恐れられています。
 19番染色体にあるリアノジン受容体遺伝子の異常によっておこります。筋肉が収縮すると、筋小胞体(きんしょうほうたい)に蓄積されていたカルシウムイオンが放出され、再び筋小胞体に吸収されると、筋肉は弛緩(しかん)(ゆるむ)します。この病気では、カルシウムイオンの再吸収がおこらないために、筋肉が収縮しっぱなしになってしまうのです。同じ19番染色体異常でおこるセントラルコア病や筋緊張性(きんきんちょうせい)ジストロフィー(「筋緊張性(強直性)ジストロフィー」)でも、この症状がおこりやすいものです。
 悪性過高熱のおこりやすいミオパチー(コラム「ミオパチーを誘発する薬剤」)が報告されているので、ミオパチーの人は、全身麻酔を極力避けたほうがよいのです。
[治療]
 末梢性筋弛緩薬(まっしょうせいきんしかんやく)のダントリウムが使用されるようになって、大幅に救命率が向上しました。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android