悪税(読み)あくぜい

精選版 日本国語大辞典「悪税」の解説

あく‐ぜい【悪税】

〘名〙 不当な課税。無理な金。
※感情旅行(1955)〈中村真一郎〉七「花の御所の造営は、強制労働と悪税と徳政(借用契約の破棄)とによって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android