コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報図書館 じょうほうとしょかんinformation library

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報図書館
じょうほうとしょかん
information library

図書館は,従来本などの物を保管することを主たる目的としてきたが,これからの社会においては情報が活用されることを第1の目的とすることになろう。本以外に雑誌の発表論文,学会論文集,研究グループの内部資料などあらゆる種類の,しかも最も新しい情報の活用が重要となってきている。またその図書館になくても世界中のどこにその資料があるかという所在情報,2次,3次情報の作成,提供が重要となり,これらを効率よく行うためには図書館機能を情報化という観点から構成し直すことが必要となる。このような機能をそなえた図書館を情報図書館という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

情報図書館の関連キーワードジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センター国立情報学研究所図書館情報学図書館

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報図書館の関連情報