コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報生産大国 じょうほうせいさんたいこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報生産大国
じょうほうせいさんたいこく

経済構造の高度化に伴い,産業構造もモノからサービス分野に比重が移り,情報の生産,輸出が重要になってくる。郵政省の 1992年度『通信白書』は,情報の供給量を初めて定量化して国際比較しているが,それによると日本の国民1人当りの情報供給量は年間約 33億ワード (語) で,首位カナダ (70億ワード) ,アメリカ,オランダに次いで4位という結果が出ている。この比較は新聞,雑誌,テレビなどの情報量をもとにしたもので,普及が遅れる CATVを除いた比較では日本は世界一となる。ところが,国際的な情報の受発信量 (貿易) は欧米の半分以下となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android