コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報生産大国 じょうほうせいさんたいこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報生産大国
じょうほうせいさんたいこく

経済構造の高度化に伴い,産業構造もモノからサービス分野に比重が移り,情報の生産,輸出が重要になってくる。郵政省の 1992年度『通信白書』は,情報の供給量を初めて定量化して国際比較しているが,それによると日本の国民1人当りの情報供給量は年間約 33億ワード (語) で,首位カナダ (70億ワード) ,アメリカ,オランダに次いで4位という結果が出ている。この比較は新聞,雑誌,テレビなどの情報量をもとにしたもので,普及が遅れる CATVを除いた比較では日本は世界一となる。ところが,国際的な情報の受発信量 (貿易) は欧米の半分以下となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android