コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情況証拠 じょうきょうしょうこcircumstantial evidence

世界大百科事典 第2版の解説

じょうきょうしょうこ【情況証拠 circumstantial evidence】

要証事実の存否を間接的に証明する証拠。例えば,殺人罪の立証について,被告人に被害者を殺害する動機があったとの事実,被告人が事件後逃亡したとの事実などがこれにあたる。このように,情況証拠は,要証事実を立証する証拠としての性質を持っているとともに,それ自体が証拠による証明の対象となる事実でもある。そこで,これを間接事実ともいう。間接事実を立証するための証拠を間接証拠というが,情況証拠が間接証拠の意味で用いられることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情況証拠
じょうきょうしょうこ

間接証拠」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

情況証拠
じょうきょうしょうこ

刑事訴訟では犯罪事実の存在を間接に証明する証拠のうち、供述証拠でないものをいい、民事訴訟では間接に主要事実の証明に役だつ証拠をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

情況証拠の関連キーワードウミツバメアリバイ刑事訴訟

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android