コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情状鑑定 ジョウジョウカンテイ

2件 の用語解説(情状鑑定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうじょう‐かんてい〔ジヤウジヤウ‐〕【情状鑑定】

犯罪者について、犯罪の動機や原因を本人の性格や知能、さらに生いたちにまでさかのぼって分析すること。臨床心理士精神科医が担当し、面接や心理テストを行って鑑定する。量刑判断の参考にされる。→精神鑑定

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

情状鑑定

犯罪事実を争わない刑事裁判で、適切な量刑判断の参考にするために実施される。精神科医らが面接や心理テストを通じ、被告の生い立ち、性格、犯行前後の心理状態などを調べ、事件との関連性や再犯の危険性などを分析。弁護士や学識者の間には、事件の背景を探ることで、同種の犯罪の防止に役立ち、被告に反省を促す効果があるとの指摘がある。

(2006-02-15 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情状鑑定の関連キーワード量刑刑事裁判裁判権酌量減軽民事裁判核心司法事実誤認犯罪事実告訴と告発自首と出頭

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情状鑑定の関連情報