惘惘(読み)モウモウ

デジタル大辞泉の解説

もう‐もう〔マウマウ〕【××惘】

[ト・タル][文][形動タリ]気落ちや気抜けがしてぼんやりするさま。
「―としたる浪子の顔を照せり」〈蘆花不如帰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうぼう【惘惘】

トタル [文] 形動タリ 
もうもう惘惘

もうもう【惘惘】

トタル [文] 形動タリ 
気が抜けてぼんやりしたさま。 -としたる浪子の顔を/不如帰 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐ぼう バウバウ【惘惘】

〘形動タリ〙 気落ちしてぼんやりするさま。うっとりとしてわれを忘れるさま。あっけにとられるさま。もうもう。
※浄瑠璃・花屋(1634)三「ほうほうとしてただあめやさめとぞ泣かれける」

もう‐もう マウマウ【惘惘】

〘形動タリ〙 気落ちしてぼんやりするさま。われを忘れるさま。あっけにとられるさま。ぼうぼう。
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉下「惘惘(モウモウ)としたる浪子の顔を照せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android