コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惚れ惚れし ホレボレシ

2件 の用語解説(惚れ惚れしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほれぼれ・し【×惚れ×惚れし】

[形シク]
何かに心を奪われてぼんやりしている。
「夜昼おぼし嘆くに、―・しきまで、御顔もすこし面痩(おもや)せ給ひにたり」〈・若菜下〉
老いぼれている。
「―・しくなられたる人、残り少なくおぼえ給ひ」〈宇津保・楼上上〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほれぼれし【惚れ惚れし】

( 形シク )
何かに心を奪われて、放心状態である。 「あやしう-・しう過ぐし侍るを/源氏 柏木
年をとってぼけている。 「年は六十ばかり…-・しき事はあれど、いにしへの物をも見知りて/源氏 明石

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

惚れ惚れしの関連情報