コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜昼 ヨルヒル

デジタル大辞泉の解説

よる‐ひる【夜昼】

夜と昼。「夜昼を問わず仕事に精を出す」
(副詞的に用いて)夜も昼も。いつも。あけくれ。日夜。「夜昼心の休まる暇がない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よるひる【夜昼】

夜と昼。 「 -の別を忘れる」
夜も昼も。あけくれ。日夜。 「 -休まず急ぐ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夜昼の関連キーワードオルバースのパラドックスカンゾウ(萱草)アンティミスト夜を日に継ぐ夜を昼になす骨髄に徹る惚れ惚れし富士の人穴エゾキスゲあじさわう取り飼ふ分き・別思ひ惚る時の調子念無し気清し春鳥の鴨長明心弛び買ひ論

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜昼の関連情報