惻(漢字)

普及版 字通「惻(漢字)」の解説


12画

[字音] ソク
[字訓] いたむ・かなしむ

[説文解字]
[その他]

[字形] 形声
声符は則(そく)。〔説文〕十下に「痛むなり」とあり、事情を推測して、痛み悲しむことをいう。

[訓義]
1. いたむ、かなしむ。
2. うれえる、あわれむ。
3. 側と通じ、狭くつまる。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕惻 イタム・ネタム・イタハラシム・イマシム・タシナム・カクル

[語系]
惻・測tshikは同声。側tzhikは声が近い。また・慘(惨)tsmも声義に通ずるところがある。

[熟語]
惻隠惻焉惻悽・惻切・惻然・惻楚惻愴惻惻・惻塞惻怛惻悵・惻痛・惻動惻憫惻容
[下接語]
隠惻・懇惻・傷惻・心惻・仁惻・悽惻楚惻・愴惻・悲惻・憫惻

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる