悽惻(読み)せいそく

精選版 日本国語大辞典「悽惻」の解説

せい‐そく【悽惻】

〘名〙 (形動タリ) ひどくかなしむこと。いたましく思うこと。また、そのさま。
※空華集(1359‐68頃)七・乱後遣興「聊籍詩篇悽惻
※江戸繁昌記(1832‐36)五「人をして淒惻の情を動かさしむ」 〔晉書‐陸機伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悽惻」の解説

せい‐そく【××惻】

[名・形動タリ]悲しみいたむこと。また、そのさま。
「―として情人未だ去らず」〈透谷・「歌念仏」を読みて〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android