悽惻(読み)せいそく

精選版 日本国語大辞典「悽惻」の解説

せい‐そく【悽惻】

〙 (形動タリ) ひどくかなしむこと。いたましく思うこと。また、そのさま。
※空華集(1359‐68頃)七・乱後遣興「聊籍詩篇悽惻
江戸繁昌記(1832‐36)五「人をして淒惻の情を動かさしむ」 〔晉書‐陸機伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悽惻」の解説

せい‐そく【××惻】

[名・形動タリ]悲しみいたむこと。また、そのさま。
「―として情人未だ去らず」〈透谷・「歌念仏」を読みて〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android