コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愁状 うれいじょう

大辞林 第三版の解説

うれいじょう【愁状】

中世、上位の者に裁可を求めて出した嘆願書。愁文うれえぶみ

しゅうじょう【愁状】

古代から中世にかけて、農民や地方官などが中央政府に国司などの不法の善処を求めるために提出した訴状。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愁状の関連キーワード百姓愁状(ひゃくしょうしゅうじょう)尾張国郡司百姓等解平安時代(年表)中央政府嘆願書地方官馬上免善処農民訴状国司税所裁可中世上位愁文申文

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android