意に中る(読み)イニアタル

  • に 中(あた)る
  • 意(い)に中(あた)・る

大辞林 第三版の解説

気に入る。希望がかなう。 思を寄せ争つて其-・らん事を求むる者多し/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

心にかなう。気に入る。また、思うつぼにはまる。意にかなう。
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉二「取るに足らぬ事ばかりなれど、其中稀には〈略〉敬神の意(イ)に当(アタ)る事も正理に叶ふ事もある事故」 〔漢書‐江充伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android