コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正理(読み)セイリ

大辞林 第三版の解説

しょうり【正理】

〘仏〙 正しい道理。正しいことわり。せいり。

せいり【正理】

正しい道理。しょうり。 「之が為に命を捨つるを-として賛するに至れり/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の正理の言及

【論理学】より


[インド]
 インドの論理学は西洋論理学とは無関係に独自につくりあげられた。論理学はインドではすべての学派に共通して正理(しようり)(ニヤーヤnyāya)と呼ばれるが,仏教徒の間では特に因明(いんみよう)(サンスクリットではhetu‐vidyā)と呼ばれる。インド論理学は2世紀に,非仏教的学派である正理学派(ニヤーヤ学派)の手によって成立し,仏教徒もこの論理学を受け入れた。…

※「正理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正理の関連情報