コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意富富杼王 おおほどのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

意富富杼王 おおほどのおう

古事記」にみえる王子。
応神天皇の孫。若野毛二俣(わかぬけふたまたの)王(稚野毛二派皇子)と百師木伊呂弁(ももしきの-いろべ)の子。三国,波多(はた),息長坂(おきながのさか),酒人(さかひと),山道(やまじ),布勢(ふせ),筑紫(つくし)の米多(めた)氏の祖。「上宮記」によれば,中斯知命と結婚し乎非王をもうけた。継体天皇はその孫にあたる。別名に大郎子(おおいらつこ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

意富富杼王の関連キーワード応神天皇

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android